2019年SFC修行工程(時間があるなら約30万も可能)

未分類

できる限り短く安くできる方法を考えました(2019年8月作成)。
もっと効率がよい方法があるとは思いますが自分の方法も参考にしていただければ幸いです。

時間に余裕があるならば… スーパーバリューを使えば羽田沖縄間が9010円で1476PPなのでそれを繰り返せば1476PP×34=50184PP、9010円×34=306340円で可能です。羽田沖縄間を17往復すればよいことになります。毎週土曜日を使ってやるとすれば約4ヶ月ですね。ただ…9010円は到着時間的に宿泊が必要な場合も出てきます。その場合はゲストハウスで2000円ぐらいのとこに泊まって観光でもいいんじゃないかと思います。

短期間でということであれば約40万ほどかかりますが海外発券をうまく利用するという方法もあります。

日本発券:日本を起点
海外発券:海外を起点

日本発券だと海外到着当日にすぐ海外を出発できないだけでなく翌日出発でも金額が高額になります。そこで海外発券という方法で時間と交通費を節約します。為替(国力)の影響なのか理由はよく分かりませんが起点を海外にすると航空券が日本発に比べて安くなります。もちろん海外発になりますからそこまで行く航空券が別に必要になり、海外から日本に戻ってくる航空券も必要になります。抽象的に書いても分かりづらいので具体例で説明します。

正確には予約クラスが違うので単純比較はできませんが海外発券の安さが理解いただけるかと思います。
さて、どう組み合わせるかというと日本発券はエコノミーで発券し、海外発券はプレミアムエコノミー(以下プレエコ)で発券します。自分は日本発券でもプレミアムポイント(以下PP)が欲しいのでANAのエコノミーを使いました(エアアジア等LCCを使えばもっと安くできるかも…)。SINタッチもあるようですがシンガポール発のプレエコはそんな安くなかったです。できる限り土日で休みを取るのを少なくしようとすると…木曜深夜出発で金曜日有給で土日使って具体的には…

OKAタッチ(国際航空券に国内乗継がある場合は約1万円プラスで国内航空券が取れる)も入れているので羽田⇔沖縄を別途取る必要があり

上記例では…約22万ぐらいで2万4千PPです。日付を変えれば20万ぐらいでも可能でした。
プレエコでもNクラスにしてしまうとPPの積算率が70%になってしまうので注意してください!
あと…台風が来る季節はPPが稼げる沖縄まで行けなくなったり予定変更を余儀なくされる場合があるのも注意点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました