2019SFC(スーパーフライヤーズカード)への道~日程費用公開~

未分類

他のサイトで上級会員とはなんたるかはしつこいほど説明しているため簡単に説明すると…
飛行機にお金を払って(マイルを使う特典航空券は対象ではない)たくさん乗ると…
①待ち時間が少なくなって早く飛行機に乗れて早く荷物がでてきたり
②非常口付近等の足が伸ばせるいい席が取れやすくなったり
③ANAラウンジが使えたり
などいろいろうれしい特典が付いてくるということです。
混みあう年末やお盆や夏休みの時期に待ち時間が少なくなるというのが家族持ちの方にはありがたいことだと思います。子供は並ぶの嫌いですから。単身でマイルを貯めてビジネスクラスやファーストクラスで旅行に行くのならば上級会員になる必要はないと思われます。


私は結婚して子供ができ、妻が里帰り出産をするということで一定期間自由時間ができたため上級会員を目指すことにしました。時間が限られており妻に内緒でという条件のもとでSFCを目指したため費用は70万ほどかかってしまいましたが、2019年3月中旬に決意し2019年5月中旬にはプラチナ会員になれました。4月の毎週末と5月のGWに沖縄羽田間を何度も往復しました。計画的にやればきつい修行にはなりますが「ANA SUPER VALUE 28」を使えば40万でもプラチナになれるはずです。

私のやり方は「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」を主に利用しました。
私の修行時期の4,5月は28日前に予約できなかったときは株主優待を金券ショップで約5000円で買いましたが 「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」方が「株主優待料金+5000円」より安いことが多かったです。遅い便でないと安くないため無駄に那覇の東横インに泊まったこともありました。那覇空港は24時間空港ではないため空港に泊まれないという情報があり宿泊費を払っても総合的に割安という場合もありました。1回だけシンガポールにプレミアムエコノミーで行きましたがあとはすべて羽田那覇の往復です。通称OKASINタッチという方法で2万プレミアムポイントを稼ぎました。羽田で国際線搭乗のために国内線を使うと国内線運賃が安くすむという方法で沖縄シンガポール往復チケットを購入して、羽田→沖縄と沖縄→羽田は別に取るという方法です。つまり、①『羽田→沖縄 』②『沖縄→成田→シンガポール→成田→沖縄』③『沖縄→羽田』を別々に購入するということ。実際の搭乗記録は…

費用は記録をすべて残していないのでマイル積算から逆算して…

マイナスになっているのはOKASINタッチをしようとしましたが海外へビジネスクラス以外で行くのは疲れるのでキャンセルし国内へ方針を変えたためです。4万ぐらい無駄にしました…。

旅行なら楽天トラベル


コメント

タイトルとURLをコピーしました